<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> 翻訳会社の事をもっと知ろう
メインイメージ

翻訳会社の仕事内容とは

翻訳とは、自然言語の語や句、文、テキストの意味や内容を、できるだけ損なうことなく、ほかの言語に移し換えるということをいいます。翻訳会社はそういった翻訳業務を行っている会社のことです。では、実際にどういった仕事内容なのでしょうか。 翻訳の仕事は、実務翻訳、出版翻訳、放送、映像翻訳、その他にもさまざまな種類があります。翻訳の仕事の中で業界全体の90%を占めているのが、実務翻訳です。実務翻訳は産業翻訳やビジネス翻訳ともよばれ、コンピュータや医療などのテクニカルな分野などで幅広く必要とされています。契約書やマニュアルなどの翻訳では、その分野においての専門知識を求められます。

出版翻訳は、文芸翻訳とも呼ばれており、小説や絵本、ビジネス書から雑誌までの出版物を翻訳します。翻訳の技術だけではなく、流行語や比喩、ジョークなどの理解もしていなければなりません。また、社会背景や文化、歴史、慣習等に精通している必要があります。最も文才を問われるのが出版翻訳といえます。

放送、映像翻訳はメディア翻訳とも呼ばれており、テレビニュース、ドキュメンタリー番組などの字幕や、映画の日本語吹き替え原稿の翻訳を作成します。テレビニュースなどは日ごろから、社会情勢などの動きをチェックしておくことが大事です。 その他には、CD等の対訳、漫画の翻訳、演劇、料理レシピ翻訳などさまざまです。音楽CDの対訳等は語学力だけではなく、歌詞を理解するための感性が必要となり、そのアーティストに対する情報も収集しておくことが大切です。

 

[翻訳関連情報]
学術論文や技術論文などの専門的な翻訳も可能な翻訳会社です・・・翻訳会社

翻訳会社で翻訳者として働く

翻訳者になるための資格などは存在しません。また、翻訳学科などを備える大学も無いため、通信講座や翻訳学校で学ぶことになります。もちろん独学でまなぶことも可能です。 仕事を・・・

映像翻訳者になるには

映像翻訳とは、テレビや映画などの映像メディアの翻訳をすることをいいます。ジャンルはとても幅広く、ニュースやドラマ、ドキュメンタリー、インタビューなど多岐にわたり、英語以外の韓国語・・・